MOKリバ

MOKリバ工法とは

大谷塗料株式会社が開発した改修工法で、木(MOK)をリバイバル(リバ)する工法です。環境に優しい植物の種等を使用した「MOKリバ ブラスト処理」を行うことで、塗装に適した下地処理が完了します。

MOKリバ ブラスト処理の浸透効果

未処理の木材に比べ、木材への浸透が倍増します。

MOKリバブラスト処理 未処理
1㎡当りの塗料使用量 150~200g/㎡ 60~80g/㎡

MOKリバ工法の特徴

ブラストメディアは環境に配慮した素材を使用

K工式(乾式工法)※クルミの殻をブラストメディアとして使用

  • 木部に適した高度のクルミの殻(木材よりも硬く、アルミニウムと同等、ガラスよりも柔らかい)で落とすため、下地材を痛めず凹凸部も均一に処理ができる。
  • 水を使わない乾式法なので、処理後すぐに塗装可能。
  • 飛散防止処置が必要。
  • 有機物(天然物)なので基本的に無害。※廃棄メディアが多い場合には産廃として処分が必要。

MOKリバ工法の施工機器

MOKリバ工法の施工例

MOKリバ工法のメーカー推奨塗料

認定・認証など

  • AQ建材認証(公益住宅法人 日本住宅・木材技術センターが定める優良木質建材認証が定める「N-2 耐候性塗装木質建材」 ※促進耐候性試験 1000時間、1800時間、2500時間をクリア)
  • 工法特許取得(第4852170号)
  • 国土交通省 NETIS認定(新技術 KK-150001-A)

ご案内

MOKリバ工法をお考えの施主様へ

株式会社源兵衛では「MOKリバ工法」による施工を行っております。お気軽に源兵衛までお問合せください。

施工に関するお問い合わせ

 

Copyright© 株式会社源兵衛 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.